大阪取引所は30日、今年最後の取引「大納会」を終えた。同取引所で扱う今年1年間のデリバティブ(金融派生商品)取引は、取引高が3億4207万5713単位となり、7年連続で3億単位を超えた。